お知らせ

news

新型コロナウイルス感染症の発生について(第6報)

診療関連

【6月27日】の第1報からお知らせしております、当院における新型コロナウイルス感染者の発生について継続して対応を行っております。
該当病棟は内科療養病棟(南2病棟)・認知症治療病棟(南1病棟)です。
現状につきましては【7月3日】を最後に新規の感染者は発生しておらず、
管轄保健所の指示に従い、治療を終えた患者様の隔離解除・職員の療養解除を行っております。

【7月12日】時点で継続して治療を行っているのは
総計(入院患者様9名・職員4名)
内訳(南1病棟:入院患者様1名・職員1名)(南2病棟:入院患者様8名・職員3名)
となります。

第1報でお知らせしました「入退院の停止」に関しましては、感染状況が沈静化に向かっていることを踏まえ。随時解除させていただきます。
また、管轄保健所とも相談を行い「外来診療」に関しては通常通り行っております。

関係の皆様にはご心配、ご迷惑おかけいたしますが、感染の拡大防止・できる限り早期の収束を目指し、職員一同一丸となって取り組んで参りますので、何卒宜しくお願い申し上げます。       
                                  
                                          院長 本間 五郎

関連記事

  • オンライン資格確認(マイナンバーカードの健康保険証利用等)の運用開始について

  • 新型コロナウイルス感染症の発生について(最終版)

  • 新型コロナウイルス感染症の発生について(第5報)

  • 新型コロナウイルス感染症の発生について(第4報)

« 前へ
次へ »